健やかに美しく生きるために
あたたかい毎日を

女性は、男性に比べて熱をつくる筋肉量が少なく、そのうえ下腹部に卵巣や子宮があり、血が滞りやすく、冷えやすい体のつくりをしています。また最近では、エアコンで冷やされたオフィス、仕事、子育てや家事の疲れなどからくるストレスも、女性の体を冷やす原因に。

冷えは、様々な不調を招く万病のもと。
現代を生きる女性は、年齢や体質を問わず、常に意識してあたたかい体を保つことが必要です。

「美温」を知って一生元気に美しく

美しく健康な体を育むあたたかさ、それを「美温」と名付けました。体温が1℃上がると免疫力が30%上がり、基礎代謝もアップすると言われています。

理想の体温は36.5℃。
冷え性は体質とあきらめず、「美音」を心がけてあたたかい体をつくりましょう。

東邦大学看護学部教授 福島富士子
『あたたかく生きる。女性の人生を決めるのは温度でした。(美温)』より

家の中をあたたかくして
部屋ごとの温度差を少なく

室内・室間の温度差、また1日の温度変化をできる限り少なくし、常に快適な室温を保ちましょう。

夏涼しく、冬暖かい家では室内での熱中症やヒートショック、アレルギーなどの発症リスクを抑え、心も身体も健康的に暮らせます。

住まいの開口部「窓」を見直して
あたたかな暮らしを

住まいのなかで、熱の出入りが最も多いのが「窓」。
あたたかい暮らしのためには、断熱効果の高い窓を選ぶことが重要です。

Kireieの『リノベーション+断熱』標準仕様

資料請求はこちら

「美容寿命」をのばす秘密の詰まったリーフレットをお届けします

お名前Your Name
ふりがなName Reading
郵便番号Zip code
住所Address
メールアドレスMail Address
メールアドレス
(確認用)Mail Address Confirm
電話番号Phone Number
FAXFax Number
備考Remarks